浄水器を比較する時のポイント

自宅のお水を美味しくしたいために、浄水器の導入を考えている人も多いのではないでしょうか。

ですが、色んなメーカーが出していますので、導入をする際にはしっかりと比較して検討する必要があります。やはり浄水器を比較する時のポイントで、最も重要となるのがコスト面です。蛇口直結型ですと大体2、000円~5、000円程度、据え置き型ですと2万円~8万円程度、ポット型ですと2、000円~6、000円程度、そしてアンダーシンク型ですと2万円~10万円程度掛かります。

機能やデザイン、どんな形をしているのが使いやすいのかというのは、家庭によって異なりますので、用途と合わせることが大切です。また、浄水器を比較する際には、形だけではなくフィルターの価格や寿命も重要となります。何故かと申しますと、フィルターはいつまでも使い続ける事が出来ずに、定期的に交換をする必要があるため、どうしても費用が掛かってしまうからです。

蛇口直結型ですと長くて5ヶ月程度で、2、000円~6、000円程度のフィルター交換代が掛かります。据え置き型ですと5、000円~2万円程度で約1年間、ポット型ですと2、000円~5、000円で約5ヶ月程度、アンダーシンク型ですと1万円~2万円程度で約1年間です。水を普段沢山使用する人は、もっと寿命が短くなりますので、出来る限りフィルターの交換をしたくないと考えている人は、1日の使用制限を守るように心掛けると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *