浄水器の種類の比較

綺麗な水道水を飲みたいという時に役立つのが浄水器です。

機器によって機能は異なってきますが、基本的には有機物やカルキ、カルシウムやマグネシウム、微生物や微粒子などを減少させる機能があります。しかし、浄水器はいくつかあり、浄水方法や浄化媒体は異なってきます。きちんと比較をして自分の家にあったものを使うことがオススメです。浄水器を比較する場合には、そのタイプをきちんと把握することが重要です。浄水直結タイプは蛇口に直接取り付けるタイプの小型のものになります。ろ過剤質は中空糸膜と活性炭を組み合わせていることが一般的です。

カートリッジが小さいことからろ過機能が小さく、こまめにカートリッジを交換する必要があります。内蔵型シャワー水栓はハンドシャワー水栓の先端部分の内部に筒状のカートリッジが入っているタイプです。一つの水栓で水とお湯、浄水を使用することができます。ろ過剤質は活性炭のみの物と、中空糸膜と活性炭のものの2種類があります。浄水機能はあまり優れていませんがカートリッジ交換が簡単で楽です。

ピッチャータイプは、文字通りピッチャーの中にカートリッジが内蔵されています。水を入れるだけで浄水することができ冷蔵庫で冷やせます。据え置きタイプはシンクの隅に置いてカートリッジを装着し水道水を浄化します。大型のものが多く浄水機能も優れています。ろ過剤は様々なものがあり、本体価格は高めですが高い浄水機能があります。値段やコストなどを比較して選ぶことがポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *