ろ過方法の違う浄水器比較してみました

普段家で飲まれている水道水ですが、実は、細菌などを殺すために塩素という薬品をいれています。

オゾン処理のない施設と比較するとオゾン処理のできる浄水所から来ている水であれば塩素は少なく済みます。ですが、オゾン処理をする設備には莫大な費用と維持費がかかるのですべての浄水場にあるわけではありません。それがない浄水場では、最終的にたくさんの塩素で水をきれいにするしかありません。

浄水場で日常的に使われている塩素ですが、塩素には残留塩素となって体に残り発ガン性が指摘されるトリハロメタンを生成してしまいます。そんな水は体に取り入れたくないもの、それを自宅できれいにおいしい水に変えられることができるのが浄水器なのです。まず浄水器の醜類ですが蛇口直結型、据え置き型、アンダーシンク型があります。蛇口直結型は、安く取り付けられ簡単でお手軽です。

据え置き型はシンクに取り付けアンダーシンク型は流しの下に取り付けます。この二つは高機能なものが多いですが初期費用が高く工事を必要とする場合もあります。この3つの浄水器を比較した場合、一番多くつけられているのは蛇口直結型です。次にフィルターの比較です。フィルターには塩素の吸着に優れた活性炭、水分子だけ通し放射能物質も除去できる逆浸透膜、塩素殺菌に強い微生物クリプトスポリジウムにも有効な精密ろ過膜、濁りや鉄、錆び、大腸菌などミクロの汚れをとり除ける中空糸を使った物があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *