蛇口直結タイプと据え置きタイプの浄水器の比較

浄水器をすぐに使いたいという方から人気を集めているのが、蛇口直結タイプと据え置きタイプの2種類です。

しかし、それぞれにメリットとデメリットがあるので、きちんと比較して選ぶようにしましょう。まずは、気になる料金です。蛇口直結タイプは2、000円から5、000円といった、リーズナブルな価格が特徴です。一方の据え置きタイプは3万円からと比較的高額である為、より安い価格の浄水器を探している方は、蛇口直結タイプを選ぶべきでしょう。

据え置きタイプの浄水器が高額な理由は、有害物質の除去性能の高さです。その為、有害物質の除去性能を比較すると、据え置きタイプの方が蛇口直結タイプよりも優れています。そこで、価格よりも安心・安全を重要視した浄水器選びを行いたいという方は、据え置きタイプの方が適しているでしょう。また、フィルターの交換時期も、蛇口直結タイプと据え置きタイプでは異なります。

蛇口直結タイプはおよそ2カ月から4カ月に1度の交換が必要となりますが、据え置きタイプの場合は半年から1年に1度の交換で済みます。そこで、こまめにフィルターの交換を行うのは面倒という方や、フィルターのランニングコストを抑えたいという方にとっては、据え置きタイプの方が便利と言えるでしょう。ただ、フィルターの交換を面倒に感じない方からすると、圧倒的に安く、蛇口に取り付けるだけで使い始める事が出来る、蛇口直結タイプの方が適しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *