浄水器のタイプについて

浄水器とは、水道水に含まれる残留塩素や有害物質の除去または減少を行い、安全で美味しい水を作る装置の事です。

浄水器にセットされたフィルターには、活性炭やろ過膜、逆浸透膜などが組み合わせてあり、活性炭で残留塩素や有機物などを吸着し、ろ過膜等で細菌やカビ、赤サビなどを取り除きます。浄水器は蛇口に取り付けるだけで手軽に使える蛇口直結型や、キッチンのシンク上に設置する据え置き型などが一般的ですが、その他にも様々な種類が存在します。アンダーシンク型と呼ばれる浄水器は、据え置き型とほぼ同等の機能を持ちながら、シンクの下に設置する事でシンクの場所を取らないタイプです。

取り付け時に工事が必要なケースが多いですが、一度取り付けが終われば大きなフィルターが使え、フィルター交換は年1回程度で済むので、ランニングコストに優れるというメリットもあります。蛇口直結型のように手軽で安価なタイプに、ポット型浄水器があります。容器はポットの形をしており、その中にフィルタやカートリッジを装着できる仕組みです。

ポットに水道水を注ぐだけで簡単に使え、手入れがしやすく衛生的です。他の種類と違い、持ち運びができるので、冷蔵庫で水を冷やしておく事もできます。しかし、浄水性能は据え置き型などに比べ高いとは言えず、きちんと浄水を行うには時間がかかります。また、ポットに入る水量しかろ過できません。ですので、お茶やコーヒーなど、飲料に使う水をろ過したい場合に適したタイプで市。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *