ポット型の浄水器を選ぶポイントとは

自宅で使う浄水器を購入する際にはまず大きめのろ過装置を使う据え置き型や直接蛇口に付けるもの、ポット型のものなどだいたいこの3種類から選ぶことになります。

この中でもポット型は浄水性能が他の2つと比べ高くないという特徴がありますので、選ぶ際にはデザインより先に「浄水能力」の方を基準に考えることがポイントになります。一口にポット型といっても各社が採用している浄水フィルターは異なり除去できる物質も違います。主に活性炭やセラミックや中空糸膜などを組み合わせて作られているのですが、活性炭とは炭に開いている小さな穴で不純物をろ過する仕組みで、水道水の残留塩素であるトリハロメタンやカルキの臭いなどを取り除いてくれます。

ただ時間が経つと内部でカビの発生や雑菌が繁殖しやすいという弱点があります。次に中空糸膜ですが中空糸と呼ばれる特殊な素材で作られており、水道水の鉄サビや濁りまた雑菌などの汚れを取り除くことが出来ます。市販されているポット型浄水器にはこのろ過材3つ全部か、活性炭とセラミックだけを組み合わせているというタイプが多いようです。

ただ自宅が配水管などに鉄材が使用されていることが多い古い家であるならば、水道水に赤サビが発生している可能性は高いですから鉄サビや濁りを取り除いてくれる中空糸膜を使用した浄水器の方が向いていると思います。また活性炭の弱点である雑菌が繁殖しやすいいう点も中空糸膜を使用した浄水器ならカバーしてくれますので、似た様な値段でどちらにするか悩んだ時などはこの2つのろ過材を組み合わせているタイプをお薦めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *